西野七瀬ちゃんを色鉛筆で描きました(^^♪

西野七瀬 ペンシル画 ココマル

こんにちは、今日もココマルの鉛筆画です。

今日は、ファンの皆さんのリクエストにお応えして、日本を代表するアイドル、西野七瀬さんの似顔絵を描いてみました。このページでは、西野七瀬の似顔絵、そして鉛筆似顔絵全般の描き方のコツや基本的なことをお伝えします。

七瀬の似顔絵を描く際の参考にしていただければ幸いです。特に、下記のスケッチガイドがお役に立てれば幸いです。もし、いくつかの手順で分からないことがあれば、遠慮なく下のコメント欄に質問を書き込んでください。しかし、言葉でスケッチ・ガイドに従うことに抵抗がある場合は、YouTubeチャンネルにアップロードされたチュートリアル・ビデオがありますので、そちらをご覧ください。

似顔絵初心者ガイド

鉛筆の肖像画は簡単なものと難しいものの両方があります。それは、照明、シェーディング、遠近法など、よりリアルさを出すためにどの程度のディテールを入れたいかにかかっています。

まず、顔の特徴から始めましょう。

  1. グリッドメソッド

ドローイングでのグリッド法は初心者には必須です。また、グリッド法は絶対に不正行為ではありません。グリッド法は、あなたの作品に均等な比率を持たせるのに役立ちます。

  1. 顔の特徴:目、鼻、眉、口

グリッド法ができたことで、どこから始めればいいのかがわかりやすくなりました。最初に目から始めて、次に鼻に向かって下に移動し、最後に口で終わります。

目というのは、そもそも本当に、本当に厄介なものです。その複雑さにもかかわらず、目を上手に描けば、肖像画の被写体について多くのことがわかります。

  • 瞳孔は常に虹彩の中心にあるべきである。
  • 被写体があなたをまっすぐに見ているときは、虹彩と瞳孔は完全な円の形をしていなければなりません。
  • 目のシェーディングでは、瞳孔は、可能な限り滑らかでありながらも暗いように埋めることによって、最も陰影を付けるべきである。
  • 目と目の間の平均的なスペースは、片目の幅でなければなりません。

鼻を描くのは角度や形によっていろいろな方法があります。七瀬さんの場合は、鼻が小さくてとがっています。

  • まずは小さな円を描くことから始めましょう。
  • ブリッジとなる曲線を2本並べる。
  • 円を挟んで形の良いひし形のようなものを描き、鼻の穴を形成します。
  • 最後にブリッジの周りをシェーディングして、「コの字」のような円を描くようにします。
  • 小鼻にハイライトを入れ、最後に小鼻に陰影をつけます。

口の描き方は、目と同じように難しいものです。特に女性の口元は男性の口元とは違います。七瀬さんの場合は、口の形が少しはっきりしていて小さいので、完成までに戸惑うことはありませんでした。

フォローしてください

新しいスケッチやステップバイステップガイドなど、Cocomaruの鉛筆画ブログの更新を見逃さないように、私たちに「いいね!」を与えて、私たちのソーシャルメディアページをフォローしてください。

ユーザー名 @cocomaru.pencildrawing

コメントする